女性に聞きました!貰って嬉しい婚約指輪!

婚約指輪は女の価値を表す!女性の本音

結婚が決まり、「さあ、婚約指輪はどうしよう。」と思っている方も多いと思います。まず誤解されがちですが、婚約指輪は婚約期間中だけに身につけるものではありません。結婚指輪と重ねづけをしたり、婚約指輪だけで使う瞬間もあります。周りの人も自然に婚約指輪に目がとまります。女性同士は常に周りの目を意識しています。特に婚約指輪は自分の女性としての価値を表す象徴でもあります。最低でも20万円以上が欲しいところです。婚約指輪を買うお金が準備できていないならば、待ってでも、ある程度の値段がする婚約指輪を購入することをおすすめします。更に今は、買ったダイヤモンドをベースに、相手の好みにカスタマイズできるサービスをしてくれるお店もあります。一度買えば一生ものになりますので慎重に選びましょう。

もらうなら絶対プラチナ!

婚約指輪の種類は星の数ほどありますが、その中で女性が断然欲しい種類がプラチナ素材です。第一に、プラチナは劣化しにくい、色あせしない素材です。汗にも衝撃にも強いです。第二に、シンプルで他のファッションの邪魔になりません。他の宝石とも合わせやすいです。そして第三に、高級感があり、輝きが違います。金や銀が苦手な人にもおすすめです。婚約指輪は特別な時につけるだけではありません。結婚指輪と重ねづけする時もあるし、友人の結婚式や、実家に行くときなど登場回数が多いのです。そんな時にプラチナの婚約指輪は使いやすいし、見るたびに嬉しくなります。婚約指輪は女性の一生の宝物です。じっくり選んで、一生大事に使いたいですよね。

結婚指輪はどうして左のくすり指にはめるのでしょう。それは古来ギリシャの考えから左手のくすり指にはめることが心臓、いわゆるハートにつながると考えられた事で、相手との心を通わせる意味があります。

© Copyright Simple In Platinum. All Rights Reserved.